痛風 サプリ

アルコールが好きな人なら気になる痛風。体験した人にしか分からない強烈な痛み。発症したら冷やして安静にし、痛みが落ち着いたら早めに病院へ行きましょう。痛風には尿酸と白血球が関係します。尿酸は体の中で作られ過ぎたり排出されにくくなると、増えすぎて結晶化し関節の膜に付着。それが剥がれたとき異物とみなした白血球が攻撃することで、痛風の炎症と痛みが発生します。

 

また、中性脂肪にも尿酸の産生を促す働きがあるので注意が必要です。解決には、プリン体や尿酸の排出や肥満解消が大切。田七人参・アンセリン・菊芋がその役目を果たしてくれます。おすすめサプリをランキングしていますので、痛風が気になる人はぜひご覧ください。

 

白井田七の特徴

田七人参のパワーがギュッとつまった漢方系サプリです。原料は田七人参と有機玄米だけ。田七人参には肝機能を高めたり、血糖値を下げる効果、血流改善効果があり、生活習慣病の予防&改善を行います。主成分のサポニンが巡りをUPし、不要な尿酸や糖のの排出をサポート。完全無農薬・有機栽培で安心です。ミネラルやビタミンなど有用成分も豊富に含有。1日めやす4粒。数値が改善、体重に変化あり、前兆症状がなくなった、などの口コミあり。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 1日めやす4粒 田七人参・有機玄米

 

PN-0の特徴

アンセリンでプリン体を排泄させるサプリです。高品質の鶏由来アンセリンを使っています。アンセリンは過剰なプリン体を排泄する働きをしてくれます。さらに、田七人参やDHA&EPAをプラスして巡りもUP。1日めやす2粒。コーティングしているので無味無臭で飲みやすくなっています。半年で数値に驚き、続けやすい、調子いいですの口コミあり。

価格 5,980円
評価 評価4
備考 1日めやす2粒 鶏由来アンセリン

 

糖通打破の特徴

ダブルの対策で原因をサラッと流すサプリです。巡りをよくするサポニンが豊富な田七人参、プリン体排出によいアンセリン、糖対策の菊芋を配合しています。いまある痛みにもキャッツクローなどでカバー。糖の吸収と尿酸の排出、Wの対策で痛風に対応します。1年で良い結果がみられました、痛みがなくなったとの口コミあり。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 8つの成分配合

 

痛風の原因はなに?

 

痛風の対策や改善を指定校と考えるのであれば、痛風の原因を知り、対策をしていかなくてはなりません。まず高尿酸血症の状態になっていると、痛風を発症してしまいます。尿酸がなかなか排出されず、反対にどんどん食べ物などによって、尿酸が増えてしまうと、尿酸値もそれだけ高くなってしまいます。そして、尿酸が増えすぎてしまうと、その尿酸が集まって結晶化されていき、関節などに付着して炎症を引き起こしてしまった結果、痛風独特の激痛に見舞われることになるのです。

 

尿酸がどうして増えるのかというと、尿酸が過剰に作られてしまっているか、まともに排泄されていないか、そのどちらも該当していることが原因になっています。特に尿酸が増えてしまう原因として多いのは、プリン体が含まれている飲み物や食べ物を食べすぎてしまっているというものです。プリン体は体の中に入り込むと尿酸に変換されていき、この尿酸が血液中を漂うことになります。

 

このプリン体というのは、お酒やアンコウの肝臓、白子、エビ、カツオなどといった食べ物や飲み物に含まれているのですが、特にお酒の一つであるビールというのは、非常に多くのプリン体を含んでいます。そのため、お酒を飲まない人と、毎日大瓶を1本必ず飲んでいる人を比べると、痛風を発症する可能性は2倍も差が出ているのです。プリン体が多く含まれているものを普段から口にしてしまっていると、それだけ多くのプリン体を取り込んでしまうということになります。ですから、痛風になってしまう可能性がそれだけ高くなってしまうのです。

 

この他にも、痛風の原因として肥満も挙げられます。カロリーを摂取しすぎてしまっていることによって肥満になってしまっていることが多いのですが、カロリーを摂取しすぎてしまっているということは、プリン体もそれだけ多く摂取してしまっているということになります。さらに、肥満になることによって、内臓脂肪が溜まり、この内臓脂肪が尿酸を作り出すのを促すホルモンを分泌するようになってしまいます。これによって、痛風になりやすくなってしまうのです。

 

また、意外かもしれませんが、ストレスによって痛風を発症してしまうこともあります。ストレスを溜めると、自律神経の交感神経が刺激されることになります。これによって、尿酸が活発に作られてしまいやすくなるのです。

 

喫煙は痛風のリスクを高める?

 

通風とタバコというのは、特に関係がないように感じている人は多いのではないでしょうか?確かに直接は関係はないのですが、間接的には関係があるかもしれないといわれています。今回は痛風とタバコというのは、どのような関係を持っているのかについてお話をしていきたいと思います。

 

尿酸値が高くなっていると、高尿酸血症になるのですが、この高尿酸血症を発症している人が、最終的に痛風になってしまいます。血中の尿酸値が高くなってしまっていると、関節や骨格に結晶化された尿酸が付着してしまい、この結晶によって関節炎になってしまいます。特に血行が悪くなってしまうと、関節に付着している結晶化された尿酸が体外に排出することが出来なくなります。そのため、尿酸値が上昇してしまい、痛風発作を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。尿酸値とタバコ自体は因果関係はないのですが、タバコを吸うことによって、血管が縮小してしまい、尿酸が排出されにくくなります。そのため、痛風の症状が現れやすくなってしまうといわれています。

 

タバコを吸うと肺に悪影響を与えてしまいます。本来であれば、酸素を吸い込んで、反対に不要な二酸化炭素を吐き出すのですが、タバコを吸うことによって肺の働きが弱くなってしまうと、十分に酸素を取り込んで二酸化炭素を排出することが出来なくなってしまいます。これによって、心臓の働きも弱くなってしまいやすいのです。それに、タバコにはニコチンやタールなどといった物質が含まれているのですが、これらの物質は、血管内に血栓を作り出してしまいます。この血栓のせいで、血液の循環が悪くなってしまうのです。

 

ただ、痛風を発症している人を見ると、タバコを吸っている人の割合は少ないともいわれています。ですから、タバコが痛風と直接関連性があるというわけではないのですが、何かしらの形で関係がある可能性はあると考えることが出来ます。いずれにしても、タバコは体に何もいい影響を与えてくれないですから、禁煙をしておくべきなのです。

 

タバコをやめて、食生活などを改善させるようにすることによって、痛風を発症するリスクを下げることも期待できるようになりますし、健康にもいい影響をもたらすようになるでしょう。ですから、痛風のリスクを下げたい、または痛風発作の頻度を少しでも少なくできるようにしたいのであれば、タバコをやめることも真剣に考えましょう。

 

痛風の発作が出た時の対処法

 

高尿酸血症になっている人が、いきなり言葉では言い表せないような痛みを感じたのであれば、痛風を発祥したと判断することが出来ます。AM2時くらいに、突然痛風発作が出てしまうということが多いです。そして、下半身に痛みを感じる人が9割以上、そして7割以上の人は足の親指の付け根に痛みを感じています。

 

一度痛風発作が起きた人の場合、次に痛風発作が出る前に、以前痛みを感じた患部に、ぴりぴり感やムカムカ感を感じることが多いといわれています。そして、数時間くらい経つと、痛風発作が実際に起きてしまうのです。痛風発作によって生じる痛みというのは、尋常ではないくらいの痛みになっており、靴下を履こうとしても脂汗が出てしまうほどです。1週間くらいで、痛みはなくなるのですが、それでも痛みを感じているときというのは生活にも大きな支障が出てしまいます。ですので、少しでも痛みを和らげたいものです。

 

もし痛風発作が出てしまったとき、どのように対処をすればいいのかについてお話をしていきたいと思います。まず痛風発作が起きてしまったら、じっと安静にしておくことが大切です。仕事はできるだけ休むようにして、痛風発作が起きてしまっている箇所を可能な限り動かさないようにしてください。また、寝ているときに、患部を心臓よりも高くしたり、冷やすようにしても、痛みを和らげやすくなります。

 

痛風発作が起きてしまっているということは、炎症が起きてしまっているということです。ですので、患部を冷やすことによって、炎症を和らげやすくすることも可能になっているのです。なので、氷や保冷剤などでしっかり炎症が起きている箇所を冷やしましょう。心臓よりも炎症が起きている部分を高くすることによって、患部に血液をあまり送らないようにすることが出来るため、痛みを和らげることも可能になります。

 

反対に、お酒を飲んだりマッサージをするということは絶対にしてはいけません。お酒やマッサージというのは、血管を拡張して血液を大量に患部に送ってしまいますので、余計に痛みを感じるようになってしまいます。

 

すでに、尿酸降下剤を病院で処方してもらっている場合、用法をちゃんと守って服用するようにしてください。いつもよりも多く服用すれば、尿酸を下げやすくすることが出来るだろうと思ってしまう人もいるかもしれません。ですが、一気に尿酸値を下げてしまった場合、結晶化が余計ひどくなってしまって、さらに痛風発作が悪化してしまう可能性があるのです。

 

この他にも、アスピリン系のバファリンなどを服用すると、反対に尿酸値が高くなってしまって、痛みが増してしまうということもあります。ですので、アスピリンが含まれている鎮痛剤は服用しないようにしてください。そして、痛みがある程度和らいでから、病院で治療を受けるようにしましょう。

 

痛風の治療薬

 

普段の食生活によっては、痛風を発症する危険性が高くなってしまいます。以前は、日本人で痛風を発症してしまう人というのは少なかったのですが、近年は食生活も欧米に近づいてきていますし、不規則な生活をしている人も多くなっています。そのため、高尿酸血症や痛風を発症してしまう人が、非常に多くなってきています。

 

2010年の時点で、日本で痛風を発症している人は96万人前後いるのですが、この人数というのは25年前のデータと比べると患者数が4倍になっています。さらに高尿酸血症になってしまっている人は、全国に1000万人はいるといわれています。以前は、中高年で高尿酸血症を発症している人が多かったのですが、最近は30代でも高尿酸血症と診断される人が多くなってきています。世界的に見ても高尿酸血症や痛風を発症している人は右肩上がりの状態になっており、生薬会社でも積極的に痛風に関する研究および治療薬の開発をしています。

 

痛風の治療薬として、高尿酸血症を改善するための薬と、痛風発作が起きたときに服用する薬に分類されています。痛風発作のときに服用する薬として、非ステロイド抗炎症薬が知られています。非ステロイド抗炎症薬というのは、鎮痛剤として服用されることが多いです。服用することによって、痛風によって生じてしまっている炎症を緩和させ、痛みを和らげていきます。この非ステロイド系抗炎症薬を服用しても、改善されない人や腎障害になってしまっている場合は、ステロイドによって治療を粉って行きます。

 

痛風発作になる前に、コルヒチンといわれる薬剤を服用することで、痛みを和らげて行くことも可能になっているのですが、発作が起きてから服用してもほとんど効果は期待できません。ですので、コルヒチンを服用するのであれば、痛みが生じてしまう前に服用する必要があります
なかには、アスピリンが含まれているバファリンなどを服用して、痛風の痛みを和らげようとしている人もいるのですが、痛風にとってアスピリンは厳禁です。高尿酸血症の治療をするときには、尿酸を作るのを抑制するアロプリノールや、尿酸を活発に排出させるプロベネシドといった薬が処方されます。尿酸値を低下させるためには、大体半年くらいかけて、少しずつ尿酸を低下させていくことになります。

 

痛風に良い食べ物、悪い食べ物

 

痛風と診断された場合、食事療法を行っていく事になります。普段の食事と痛風というのは密接な関係があるのです。普段の食生活のせいで痛風を発症してしまうことが多いのですが、この食生活を見直すようにすれば、反対に痛風の症状を改善させていくことも可能になります。痛風を発症している人にとって、食べないべき食べ物と食べるべき食べ物についてお話をしていきます。

 

食べ物に含まれているプリン体を大量に取り入れたことによって、体の中で大量の尿酸が作られすぎてしまったことが原因で発症します。この作られた尿酸が結晶化して、関節に攻撃をしてしまっていることで、痛風独特の痛みを生じさせているのです。体の中でプリン体が作られてしまうこともあるのですが、体の中で作られるプリン体はそこまでの量ではありません。

 

食べ物の中には、大量のプリン体が含まれているものもあるのですが、大量のプリン体が含まれている食べ物を日常的に食べてしまっていると、尿酸が大量に作られ、痛風になりやすくなってしまいます。そのプリンタ意が大量に含まれているものとして、明太子やエビ、カツオ、タラバガニ、レバーなどが挙げられます。これらの食べ物を日常的に大量に食べているという人は少ないかと思います。しかし外食をする機会が多かったり、通販などで注文をして食べているという人の場合、相当な量のプリン体を日常的に口にしてしまっているかもしれません。

 

また、普段口にする機会が多く、大量にプリン体が含まれている飲み物としてビールが挙げられます。それに、ビールを飲むと、アルコールを分解するために、腎臓や肝臓が働くことになるため、尿酸の働きが強くなりやすくなってしまうのです。ですので、日常的にビールを飲んでいる人と、層ではない人を比較すると、ビールを飲んでいる人のほうが痛風の発症リスクが2倍に跳ね上がるといわれています。

 

反対に、痛風に言いといわれている食べ物として、ホウレンソウやカボチャなどといった緑黄色野菜やごぼうや大根、わかめやノリ、サツマイモなどといった食べ物はプリン体の含有量が少ないうえに、尿酸値を下げやすい栄養素がたっぷり含まれています。ですので、日常的にこのような食べ物を食事として食べるようにすることを強くお勧めします。

 

痛風は男性だけじゃなく女性も注意!

 

痛風というのは、男性が発症する病気なのだと思っている人は多いと思います。実際のところ、これまでの統計を見ると、圧倒的に男性のほうが痛風を発症しており、その割合は98%を超えているといわれています。ですので、男性だけしか痛風にならないと思っている人がいるのですが、女性だって痛風を発症する可能性はあるのです。実際、98%以上が男性だといわれていますが、残りは女性だということになりますよね。

 

日本の場合は、男性のほうが割合的には圧倒的に高くなっているのですが、欧米諸国を見ると、3人に1人くらいの割合で女性が痛風を発症しているのです。また、食文化や生活習慣の変化からなのか、日本国内において、女性が痛風を発症してしまうケースは多くなりつつあります。

 

しかし、どうしてここまで男性のほうが圧倒的に痛風になる可能性が高いのでしょうか?女性は、活発に女性ホルモンを分泌しているのですが、この女性ホルモンによって痛風になりにくくなっているといわれています。体の中で尿酸値が高くなってしまっていることによって、痛風を発症してしまうのですが、エストロゲンといわれる女性ホルモンというのは、尿と一緒に尿酸を排出しやすくするという作用を持っています。
ですから、体の中に尿酸が溜まりにくくなっているため、痛風になりにくくなっているとされています。しかし、女性も更年期前後になってくると、あまりエストロゲンを分泌しなくなってきます。ですので、更年期以降に尿酸が溜まりやすくなり、痛風になってしまう可能性はあります。

 

また、男性と比べると女性というのは、プリン体が多く含まれているエビやレバーなどを食べないという人が多いです。これも、痛風の発症リスクを下げているといえるのではないでしょうか?ただ、最近、女性でも働いてる人が多くなってきていますし、洋食を食べる人も増えてきています。そのため、女性でも尿酸が体の中に溜まりやすくなっており、以前よりも女性で痛風を発症する割合が高くなってきていますから、女性だとしても痛風対策をする必要が出てきているのもまた事実です。

更新履歴