痛風の人は避けたい食べ物 その2

第3位:シュウ酸を含む野菜

 

野菜には代謝を助ける酵素が豊富に含まれていますが、野菜の中にも、キヌサヤ、ソラマメ、うすいえんどうのようにプリン体を多く含むものがあります。

 

またシュウ酸を含む野菜は尿酸値を倍増させ、尿路結石を起こしやすくするため、ホウレンソウ、セロリ、ラディッシュは控えるようにします。

 

その他プリン体に関係なく避ける方がよいもの

 

(1)スパイス
唐辛子、カレーパウダー、胡椒、山椒、カラシ、生姜など、植物由来の調味料は神経を興奮させ、痛風の発作を起こしやすくするため控えめに使います。

 

(2)炭水化物
血糖値が高くなると尿酸の生成が早くなります。そこで、高血糖を予防するため主食となるお米やパンのほか、蜂蜜や砂糖は量を決めて摂るようにします。

 

(3)乳酸の多い乳製品
牛乳やチーズ、脱脂粉乳、卵類にはプリン体が少なめですが、ヨーグルトの乳酸は腎臓に溜まり尿酸の排泄能力を低下させるため注意が必要です。

 

(4)アルコール
アルコールには尿酸の排泄機能を抑える働きがあり、晩酌など毎日少量のアルコールを摂り続けると、プリン体の生成を高めてしまいます。特に飲酒後肉類を取るとプリン体は倍増すると言われています。

 

(5)火鍋
四川料理として有名な火鍋は、肉類と海鮮料理を一緒に煮込みそれをビールで流し込むというのが一般的な食べ方です。煮込むとプリン体は壊れずスープへ溶け込みます。研究結果では、火鍋を食べた後のプリン体は通常の数十倍に跳ね上がるということです。