痛風の初期症状

無症状の期間

 

潜伏期にあたる期間は血液検査で尿酸が高めと言われるくらいで、特別な症状はありません。この期間の長さには個人差があり、長い人で数年というケースもあります。そのため、違う病気で血液検査をした結果痛風が発覚するという人もいます。

 

前兆症状

 

長期にわたって体にたまり続けた尿酸は、身体に影響をもたらし始めます。主な症状として全身の脱力感、めまい、頭痛、嘔吐、食欲不振、寒気、冷え性などがあります。

 

関節の不調

 

さらに病状が進行すると、関節に痛みや腫れが現れます。くるぶしや足の指、膝、土踏まず、肘、手首、耳(耳たぶより上の軟骨部分)などの片側に症状が出て、さらに悪化すると痛みは全身に及ぶようになります。中でも特に腫れの強い関節の皮膚は乾燥して脱落し、かゆみが出ます。

 

治すには?

 

痛風は症状が重くなる前の段階が最適な治療期間であり、患者はいち早くその兆候に気づき、悪化しないよう専門機関で治療を受けなければいけないと専門家は指摘します。

 

一方で治療方法も注意して選ぶ必要があります。痛風には多くの治療法がありますが、何も疑わず治療を受けると、効果が得られないばかりか身体に余計に負担をかけることになるからです。

 

痛風治療は昔ながらの伝統的なやり方だけでは根本まで治すことができません。現在医療技術は絶え間なく進歩し、常に新しい治療法が誕生しています。

 

なかでも漢方のバランス療法は、特殊な加工技術で抽出した特効成分を患者の症状に合わせて絶妙なバランスで調剤します。その結果、尿酸値を素早く下げ、痛みなく痛風を治すことができます。